食物アレルギーがある方のための全国初の取り組み!「みんなでCAN EAT with NANKAI」を実施します

南海電気鉄道株式会社(社長:遠北 光彦、以下「南海電鉄」)と株式会社CAN EAT(代表取締役:田ケ原 絵里、以下「CAN EAT」)は、食物アレルギーがあっても利用しやすい南海沿線の店舗の情報を掲載したマップの公開を目指し、2021年4月28日(水)から、店舗を利用した際の情報の投稿者(キュレーター)を募集する企画「みんなでCAN EAT with NANKAI ~発掘!アレルギーフレンドリーなお店~」を実施します。

食物アレルギーがあることで食事に注意を払う必要がある方は、乳幼児を中心に増加していると言われており、日常生活からお出かけ・旅行などさまざまな場面で、安心して食事ができるアレルギーフレンドリーなお店が必要とされています。

このお困りごとに対し、南海電鉄は、CAN EATが提供する食事制限のある方の声を集めたお店紹介Webサービス「CAN EAT外食マップ」とタイアップしてサポートします。具体的には、南海沿線のアレルギーフレンドリーな飲食店や中食提供店(テイクアウト等)の情報をキュレーターに投稿していただき、南海沿線版マップ(2021年7月公開予定)を作成します。なお、企業が食物アレルギーをテーマに同サービスとタイアップするのは、全国初の取組みです。

南海電鉄とCAN EATは、食物アレルギーのある方も安心して南海沿線で食事を楽しめる仕組みを提供し、南海沿線でくらしたい・出かけたいと思う方が増えることを目指します。

 

1.企画名称
「みんなでCAN EAT with NANKAI ~発掘!アレルギーフレンドリーなお店~」


2.企画内容
(1)スケジュール
【2021年4月~】  
南海沿線のアレルギーフレンドリーなお店を利用した際の情報を投稿していただけるキュレーターを募集します。キュレーターに認定された方に、順次店舗を利用された声・感想等を投稿していただきます。
※ 2021年9月30日(木)まで、投稿に対して費用を補助する「みんなで投稿キャンペーン」を実施します(3.参照)。
【2021年7月~】 
投稿された情報を掲載した南海沿線版マップを公開し、どなたでも閲覧できるようにします。公開後も随時キュレーター募集・投稿を受け付け、アレルギーフレンドリーな南海沿線のお店情報を蓄積し続けます。

(2)投稿対象の店舗
南海沿線の下記の市町村で営業している飲食店や中食提供店(テイクアウト等)

  • 大阪府:大阪市(中央区、浪速区、西成区、住之江区、住吉区)、堺市、高石市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、熊取町、泉佐野市、田尻町、泉南市、阪南市、岬町、和泉市、富田林市、大阪狭山市、河内長野市
  • 和歌山県:和歌山市、橋本市、九度山町、高野町


(3)投稿内容

  • 店名および地図情報
  • 店舗を利用した際の写真(実際に食べたメニュー等)
  • そのお店をおすすめする理由(例:店員さんのアレルギー対応が親切だった、アレルギー表示があった、低アレルゲンメニューがあった等)

 

3.キュレーターの募集について
CAN EATのキュレーター募集フォームよりご応募いただき、認定された方に店舗情報を投稿していただきます。
(1)募集期間
  2021年4月28日(水)14時~
(2)募集対象
以下に該当する方
・ ご自身またはご家族にアレルギーがあり(重度/軽度、品目は問いません)、日常的に食事に注意を払っている方
・南海沿線にある店舗の情報が投稿可能な方
(3)申込先  
https://nankai-ensenkachi.com/news/information/20210428-caneat-with-nankai/
上記Webサイト「沿線価値向上プロジェクト-選ばれる南海沿線を目指して-」にアクセスし、募集フォームよりご応募ください。
(4)備考 
・キュレーターとして認定された方から、順次投稿していただけるようになります。
・ご応募にあたっては、Webページに記載の募集要項をよくご確認ください。

 
<参考>「みんなで投稿キャンペーン」について
本企画に1人でも多くの方に共感いただき、多くの投稿が集まった南海沿線版マップを公開するため、投稿していただいたキュレーターに店舗利用の費用補助を行う「みんなで投稿キャンペーン」を実施します。詳細はWebサイトに記載の募集要項をご確認ください。

【キャンペーン期間】
2021年9月30日(木)まで ※対象の投稿が150件に達し次第終了
【費用補助額】
1件あたり上限1,000円


4.キュレーター募集についてのお問い合わせ先
CAN EAT 広報部 info@caneat.jp


<参考:CAN EAT外食マップとは>
CAN EATが2020年から提供する、食事制限のある方の声を集めたお店紹介Webサービス。CAN EAT代表者の家族が米アレルギーであったことから、同サービスを構想。現在、首都圏を中心に累計約140件の飲食店情報が投稿され、累計約2万6千回の閲覧があります。

<参考:CAN EAT外食マップとは>
CAN EATが2020年から提供する、食事制限のある方の声を集めたお店紹介Webサービス。CAN EAT代表者の家族が米アレルギーであったことから、同サービスを構想。現在、首都圏を中心に累計約140件の飲食店情報が投稿され、累計約2万6千回の閲覧があります。
URL:https://caneat.jp

 

<参考:企業情報>
社名:南海電気鉄道株式会社
URL:http://www.nankai.co.jp/
設立:1925年3月26日
本社:大阪府大阪市浪速区敷津東2-1-41
事業内容:鉄道事業、開発関連及び付帯事業

社名:株式会社CAN EAT 
URL:https://about.caneat.jp/
設立:2019年4月1日
本社:東京都新宿区天神町7番地11 No.14
事業内容:飲食店向けアレルギー対応サービス「CAN EAT」の開発・運営