■自助的な備えにも限界が。食物アレルギー当事者への理解と支援が急務

被災地の食物アレルギーがある家庭の状況をヒアリングすると、今回の調査で多くの回答者が不安に感じていたように、「避難所で食べられるものが少ない」「食物アレルギーに対する理解が浅い」といった理由で困るケースが実際にみられます。


日ごろから自助的に備えることは大切ですが、被災地では、自力での備えにも限界があります。食物アレルギーへの無理解や、アレルギー当事者の孤立によって起きる二次的ともいえる被害をどう防ぐのか、どう支援していくのかが大きな課題です。


■株式会社CAN EATについて

「すべての人の食事をおいしく・楽しく・健康的にする」をミッションに、食べられないものがある人の外食を救うサービス「CAN EAT」の開発・運営を行っています。


社名:株式会社CAN EAT(英語名:CAN EAT Inc.)
代表者:代表取締役 田ヶ原絵里
本社所在地:東京都新宿区天神町7番地11 No.14
設立:2019年4月1日
事業内容:「CAN EAT」の開発・運営
公式サイト:https://about.caneat.jp
CAN EATサービスURL:https://caneat.jp
ホテル・ウェディング・飲食店様向けページ:https://biz.caneat.jp
サービスに関するお問い合わせ info@caneat.jp